Small Things

感じたこと、考えたこと

SwitchもPS4も売ってない今、DSで遊ぼうとしている

ゲーム機が売っていない。

正確に言うと家電量販店でゲーム機が売っていない。よって買うことができない。それが分かって愕然としている。いや少し前までは売っていたのだろうし、これからまた売られる日がくるのだろう。ただ、今家電量販店に行っても、家電店のオンラインショップでも、ゲーム機を普通に買うことは出来ないようだ。いや、ちょっと待ってくれ。そんなことになっているのか。まったく知らなかった。

まずNintendo Switchが品薄という情報はなんとなく分かっていた。でもいずれ品薄なんて解消されるんでしょ、ぐらいに思っていた。今現在ネットショップで調べてみると48,000円ぐらいで売られているようで、定価がいくらなのかすら分からないので、あーそんなに高いのかーという棒読み感想を一人つぶやくのである。一方Nintendo Switch Liteもネットでは30,000円ぐらいしていて、そんなにするのかーという棒読み感想を再度一人でつぶやいている。

ようは「StayHome」で「あつまれ どうぶつの森」なんですよね、ということまでは、なんとなく想像がつく。そして今定価で手に入れるためには抽選販売なんですね、というところまで理解したところである。ただ、以前は家庭用ゲーム機でゲームをすることも多く、WiiやPS3までは持っていた。PS2のソフトもSuper Audio CDもプレイできた機種だったような記憶がある。だとしたらもうPS4でいいような感じがしてきた。Nintendo Switchは入手しやすくなるまで待とう。PS4なら海外産のソフトも豊富だと想定されるし、PS4の本体なら入手しやすいと思ったからだ。FF7Rも十三機兵にも興味がある。今でもそう呼ぶのかは分からないが「洋ゲー」にも興味がある。

しかしヨドバシにもビックカメラにもPS4は売っていなかった。Amazonはマケプレ業者だらけでよく分からなかった。それならもうXbox Oneでも全然構わない。探す。売ってない。やっぱり基本情報としての「定価」を理解していないのでどうしようもない。よってヨドやビックかアマ(マケプレ除く)ぐらいでしか買うことができないのだけど、どこも売り切れである。全滅である。これもコロナの影響なのか、StayHomeの影響なのか、もう誰もが家でゲーマーなのだろうか。

とは言っても、いつかはSwitchもPS4の本体も買うことが出来るのではないか、という根拠ゼロの自信があったりする。たまたま、あっ売ってる!なんていうタイミングは絶対にあり得ないのだろうか。それともTwitter等で情報収集をしながら、手に入れるしかないのだろうか。それまでは最近掃除したら出てきたDSの本体で当時のソフトをプレイしながら、じっとSwitch、PS4を待つしかないのだろうか。

DS本体と一緒に出てきたソフトは「ウィッシュルーム 天使の記憶」「アナザーコード 2つの記憶」「湯けむりサスペンスシリーズ フリーライター橘真希」の3本だった。ちょっと待ってくれ。ここまでアドベンチャーが好きだったのだろうか。いや、記憶がまったくない。今日からこのアドベンチャー3本をプレイしてもいいのだけど、これは孤独である。孤独との戦いである。いま誰もやっていないゲームを独りプレイするのである。楽しめるかどうかすら分からない。これは油断するとメンタルにきそうである。ちょっと自信ない。

もうこうなるとSwitchとPS4ソフトの攻略本を先に買うという作戦はどうだろうか。プレイしたことのないゲームソフトの攻略本を買って読み進めるという行動自体、誰からも承認されないカオス感に満ち溢れた感じがするが、攻略本自体が好きなので別にそれでもいいような気がしている。SwitchとPS4のゲーム機本体がまず無い。そしてソフトも買ってない。でも攻略本を買う。ただ昔のように攻略本て売っているのだろうか。もちろん紙の攻略本である。電子じゃだめだ。紙の攻略本を読みながら、そのゲームに思いをはせながら酒を飲みたい。もうそれでいいような気がしてきた。

いや、ちょっと待て。ウィッシュルームとアナザーコードと湯けむり橘真希の攻略本てあるのだろうか。まずはこのDSソフトの攻略本を手に入れて、サクサクっとクリアしてからSwitchとPS4ソフトの攻略本ではないだろうか。いや、もう何でもいい。美味しい酒が飲めるのであれば、まずは「湯けむり 橘真希」からやってみよう。今日は暑いから麦とホップと冷や奴にしよう。冷や奴のトッピングは何にしようか。イカの塩辛かキムチか、いやミョウガでもいい。いや、ちょっと待て。DS本体の電源って入るのだろうか。まずは充電器なのか。そして橘真希って一体何者なのだろうか。