Small Things

感じたこと、考えたこと

たまごサラダと味玉をつくり続ける

基本的に家で過ごしている。そして何故か卵を茹でている。

平日はエッセンシャルワーカーでもないのに、様々な事情で出勤しているが、土日になると完全に「家」である。StayHomeである。AppleWatchにアクティビティという面倒な運動系アプリがあるため、週末で休みなのにもかかわらず朝5時に起きる。そして、あまり人がいない時にウォーキングを開始して、そのついでに24時間営業のスーパーで買い物をする。これが休みの日の朝のルーティーンとなる。

スーパーに買い物と言っても料理はできない。「できない」のではなく「やらない」のかもしれないが、今まで作った簡単料理においても「うん、美味しい、美味しい」とはならずに、自分料理への評価は著しく低い。おそらく図画、工作、技術、家庭、すべてにおいて普通以下の成績だった記憶しかなく、器用さは持ち合わせていない感じがする。

但し料理に挑戦してみたいという意欲はある。そして美味しい料理をつくりたい、そして誰かに食べてもらいたい、そんな料理に対しての意気込みは常に存在している。今一番作ってみたい料理はスパイスから作るカレーである。いきなりスパイスからつくる本格チキンカレーに挑戦したい。

www.hotpepper.jp

この記事によるとスパイスは4種類でいいようだ。うん、なんとかできそうな感じがする。根拠も何もないが、なんとかなりそうだ、という第一歩はクリアしたように思える。よってまずはこの4種類のスパイス、レッドチリ、ターメリック、クミン、コリアンダーを買いに行くのだ。そして他に何が必要なのかとレシピを確認する。そこにはトマトピューレ、香菜という見慣れない文字があり「それって普通に売っているもの?」となった。次に、にんにく、しょうがと書いてあるので、これはチューブでもいいのか、実際に物体を買ってきた方がいいのだろうか、と徐々に混乱してくる。まず提示された食材や調味料をすべて買いそろえないと追いつめられてくる恐怖が料理にはある。これが第一歩めから軽やかに前へと進んでいけない料理の壁である。

結果的にこの4種のスパイスだけでつくる本格チキンカレーを作ったのであれば、それをブログに書けばいいのだが、もちろんまだ作っていない。未だにトマトピューレや香草ってなんなんだ、から一向に抜け出せていない。ただ、この時期、StayHomeである。よって家族がいつも全員いるのである。大人が常に4人も家にいるので、物理スペース的に狭いという以前に「食事どうする?」という話になるのは必然である。

今は外食も出来ず、かといってコンビニ弁当という訳にもいかない。お惣菜を買ってきて食べるのでもいいのだけど、やっぱりスーパーに買い物に行って、誰かが料理を作るという流れになる。そんな中、現在家族の一人が脚の骨折中である。よって骨折している人は料理を作ることができない。そして自分は料理に関しては、スーパーへの車出しや荷物持ちには貢献できるものの、調理に関してはなかなか貢献できない。

そこでゆで卵が好きなので、突然ゆで卵ぐらいは作ろうと思った。コンビニでゆで卵を買うことも多いが、セブンの味付き半熟ゆでたまごは1個税込75円である。高い。これをスーパーで買ってきた卵のパックからゆで卵を作ろうと思ったのだが、何せ茹で時間すら分からないので検索してから、まずは固ゆでのゆで卵を作ってみた。水からいくんですか、沸騰してから時間を測るんですか、意外と時間がかかるもんなんだなぁと思いながら、ここから「たまごサラダ」にするにはどうしたらいいのだろうか、と思いつきまた検索する。なんとなく決め手となるレシピが見つからなかったこともあり、フォークで粗目につぶしてマヨネーズを混ぜ、塩をシャッシャッと振って出来上がりとした。マヨネーズも塩の分量も分からなかったけど、なんとなく「たまごサラダ」ができた。少し嬉しかった。

そして次は味玉を作りたくなった。味玉と言えば、そう「世界で1番美味しい煮卵の作り方 - はらぺこグリズリーの料理ブログ」である。 

www.cheap-delicious.com

再現度100%の完璧な煮卵レシピであり、これがほんとうに素晴らしいのだ。そしてこの、とろっとろ具合は必ず家族から絶賛されるのである。たまごサラダはなんとなく普通過ぎて誰からもコメントが無かったが、この味玉(煮卵)の出来栄えには皆驚いてくれた。そしてここで決して自慢げにウンチクを話してはいけない。いずれはチキンカレーや今突然思いついたキーマカレーで喜んでもらえたら嬉しいと思うが、未だにスパイスのみで二歩目が踏み出せていない。#おうち時間 の先は長い。

small-things.hatenablog.com

small-things.hatenablog.com