Small Things

感じたこと、考えたこと

スタバでおいしいコーヒーを〜コーヒー プレスのススメ

 スタバでコーヒープレスというメニューがあることを最近知った。今までスタバではドリップコーヒー(トールサイズ370円)を何故か避け続け、最近はナイトロ・コールドブリューがあればナイトロを、無ければカフェミストを注文することが多かった。スタバではいわゆる美味しいコーヒーが飲めない店だと勝手に思い込んでいたが、好きなコーヒー豆をコーヒープレスで飲めると知った時の衝撃。それも裏メニューではなく通常メニューで注文できる。

f:id:rocketboy_miya:20191104142147j:plain

 この日は「スターバックスコーヒー 那覇メインプレイス店」でグアテマラをたのんだ。コーヒープレスの時は席で待っていれば、店員さんがサーブしてくれるというスペシャル仕様。というのも、このコーヒープレスは抽出にとても時間がかかるためであり、待ち時間の間の小さなカップに普通のコーヒーをサービスしてくれる店もある。

f:id:rocketboy_miya:20191104142226j:plain

 そしてサーブする仕方は店舗によって異なる。最初からトールサイズのカップに注いでくるパターン、プレス器具とカップを持ってきてその場で「注いでよろしいですか?」と確認してくれるパターン、プレス器具とカップをトレーに乗せて、そのまま置いていくパターン、と店舗によって様々。それとコーヒープレス専用のペーパートレーがあり、そこには豆の種類が描かれていて見ていて楽しいのだが、ほぼ重要視されずその存在すら見ることが出来ないこともある。

f:id:rocketboy_miya:20191106104037j:plain

 でもやっぱりプレスで淹れたコーヒーは美味しい。コーヒーの量、お湯の量、そして抽出時間に気を配る必要があるし、フレンチプレスの掃除も大変だと思うので、家で...というよりはスタバで気軽に楽しむ方が良い。

 よくスタバに入って注文の仕方が面倒という声も聞くが、雀荘で「コーヒーなしなし」とたのむのと、スタバで「プレスのケニア」と言うのはほぼ変わらないので、コーヒーありあり、コーヒーなしなし派の人も「プレスでケニア」「プレスでグアテマラ」と言うだけで、格段に美味しいコーヒーが数分後に目の前にやってくる。 

豆大福と珈琲 (朝日文庫)

豆大福と珈琲 (朝日文庫)

  • 作者:片岡 義男
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2019/06/28
  • メディア: Kindle版
 
珈琲が呼ぶ

珈琲が呼ぶ

  • 作者:片岡義男
  • 出版社/メーカー: 株式会社ボイジャー
  • 発売日: 2018/11/01
  • メディア: Kindle版